中学受験コース| 横浜の塾なら「横浜の個別指導塾REO」横浜駅から徒歩5分の個別指導塾

中学受験コース > ブログ > 何らかのゲームを持っている青少年は9割 
中学受験コース

ブログ

何らかのゲームを持っている青少年は9割 

※内閣府調査

内閣府は今月11日に、平成22年度の「青少年のゲーム機の利用環境実態調査」の結果が出たと発表しました。
この調査は、10歳から17歳までの全国の青少年2000人と同居している保護者2000人を対象に行われたものです。

ゲーム機の機種別の所有状況は、
「ニンテンドーDS」(81.5%)、「Wii(ウィー)」(54.5%)、「PSP」(35.2%)などとなっており、
全体として何らかのゲーム機を所有する青少年は約9割(90.4%)であるという結果となりました。

また、学年が低いほど「ニンテンドーDS」および「Wii」の所有率が高く、
学年が高いほど「PSP」、「PS3」、「X box」の所有率が高いということが分かりました。
さらに、高校生で何らかのゲーム機を所有している青少年の割合は8割前半程度ですが、
小中学生では9割を上回っているということも明らかになりました。

全体のうちでゲーム機を持っていると回答した青少年(1228人)を対象に、
ゲームをする際の家庭でのルールが決められているかを調査したところ、
何らかのルールがある(51.1%)と特にルールはない(48.0%)はほぼ半々でした。

家庭で守るべきルールとしては「ゲームをする時間」(37.0%)で最も多く、
その他には「ゲームをする場所」(11.6%)などが続いているという結果になっています。



「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
 無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


REO 個別指導塾