中学受験コース| 横浜の塾なら「横浜の個別指導塾REO」横浜駅から徒歩5分の個別指導塾

  1. 横浜の塾なら横浜の個別指導塾REO
  2. 中学受験コース
  3. 国語の対策
中学受験コース

国語の対策

苦手な場合は読解問題を多く進める前に・・・

実は単純に「言葉を知らない」というケースが多い

「国語が苦手」「国語の偏差値が上がらない」という場合、どうしても対策として読解問題を多く進めてしまいがちですが、実は単純に「言葉を知らない」というケースの生徒は多いです。

言葉を知らない=いわゆる語彙力不足と呼ばれますが、そういった状態で、いくら読解問題をこなしても、内容の理解すらできずに進めてしまうことになり、また、解答を出す際にも、言葉を知らないために表現ができないという現象が起こります。

言葉の意味の使い方がわかると、他科目にも好影響

 ひとつひとつの言葉の意味や使い方を身につけて、それから、読解問題へ取り組んでいくことが、苦手を克服させるためには理想です。そこまでの時間的余裕がなければ、読解問題を進めながらも、その中で知らない言葉は徹底的に覚えていく方法をとる必要があります。

 言葉の力さえ身につけば、読解問題の解法を身につけることはスムーズに進みます、読解の技術もグングンと向上します。しかし、言葉を知らずに読解問題を進めることは、例えば英単語を知らずに英文を読んでいるようなものだと言えます。まずは根気よく、確実に言葉の力をつけていきましょう。

 国語が苦手なままでは、中学受験だけではなく、将来的にも、また他の科目の学習にも大きな影響を与えます。算数の文章題、理社のテキスト、どれも国語が苦手な生徒は満足に読み取ることができません。「解答」を読んでも意味がわからない、というケースも生じかねません。
国語の対策

読書や辞書をひく習慣を

日頃から、「言葉を覚える」という作業を意識してみて下さい。例えば、辞書をひくこと、間違えた言葉づかいは直していくこと、あるいは、きちんと最後まで話す習慣をつけることや、文字を書くことや音読への抵抗をなくすこと、そして、ご家庭内での日常会話にも気をつけてみましょう。

また、言うまでもなく、読書は大切です。「読書は好きなのに、国語は苦手」という場合には、普段とは違ったジャンルの本を読んでみましょう、新聞や雑誌を読むことも国語力の向上にはつながります。

国語は苦手の克服に最も時間のかかる科目と言われています。しかし、苦手を克服させる方法が山ほど存在するのも、国語という科目の特徴です。

やみくもに読解問題や難しいテキストを進めて自信をなくし、あきらめてしまってはいけません。言葉を知り、読解力が身につけば、様々な文章や書物によって多くの知識を得られますので、それを喜びにできるように、根気よく頑張りましょう。


「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
 無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


REO 個別指導塾