小中学生補習・高校受験コース| 横浜の塾なら「横浜の個別指導塾REO」横浜駅から徒歩5分の個別指導塾

  1. 横浜の塾なら横浜の個別指導塾REO
  2. 小中学生補習・高校受験コース
  3. 神奈川県の公立高校の高校受験対策
小中学生補習・高校受験コース

神奈川県の公立高校の高校受験対策

公立高校に合格するには何が必要か?
過去問題に取り組む前にしなければいけないこと。

最も多いご要望は「過去問を何回もやらせてください」

受験の直前期になっていただくお問い合わせの中で多いものの一つが、「苦手なところばかりで復習をしている時間などないので、とにかく過去問を何回もやって下さい」というご要望です。

しかし、過去問が効果があるのは「基礎学力がある」生徒だけ

そうしたご要望をいただく生徒の大半は、過去問を何回、いや何十回も解いたところで効果は望めません。むしろ、無駄な時間を過ごして実力も伸びず、自信のないままに受験を迎えることになりかねません。
基礎学力が身についている生徒や、評定で少なくとも「4」より大きい数値を獲得できている生徒であれば効果的です。
国語はある程度の地力や知識をつけてからでなければ過去問を行うこと自体に何のメリットもありません。理科や社会は、3年間分の暗記を総まとめし、さらに理解をしてからでなければ問題を「ヤマカン」で答えることになり、それに対して答え合わせをすることは、やはり意味をなしません。

まずは、目指す高校の設定、必要な点数を出し、過去問題に取り組む

どこの高校を目指すのか、そのために、内申点はどれくらいを目指し、入試では何点を目標に設定するのか、そのために、どの科目を、どの問題を確実に取りにいくのか。という、合格から逆算させた計画をたてて、入試対策を行う必要があります。
やみくもに、過去問を解いて、そして全ての答え合わせをして、「よかった」「よくなかった」と言っているだけでは対策になりません。
まずは、過去問に臨める態勢づくり、そして、志望校に合わせた目標設定と対策、が大切だとREOでは考えております。

個別塾だからできる、各生徒に合った対策

ただ過去問を解いてもらい、解説をするだけであれば、なにも個別である必要はありません。むしろ、集団塾で同じことは連日のように行われますし、インターネット授業などでも過去問の解説は聞くことができます。そのような形式でついていける生徒は、個別よりも集団塾で周りの生徒と競いながら過去問対策を行う方が効果的でしょう。

ついていけなそうであれば、個別指導の特性をいかしたREOのスタイルによる、万全の入試対策を是非ご検討下さい。学習ノウハウだけではなく、神奈川県の県立入試や首都圏の私立高校入試につきましては、豊富なデータがございますので、それをもとにした志望校の選定や対策も行ってまいります。


◎小中学生補習・高校受験コースメニュー

「横浜の個別指導塾REO」へのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
資料のご請求
 無料で体験できる授業へ是非、一度お越し下さい。
無料体験学習受講お申し込み


REO 個別指導塾